ハラセンブログはてな

日々はてなと思ったことを綴りたいと思います。

メルカリで初めて売れたよ

f:id:hara1000:20170805205645j:plain

あれだけCMしてて、猫も杓子も、寝ても覚めてもメルカリメルカリ言うてるんだけど、何一つ売れたことがなかったんですが、本日初めて売れましたよ。

商品は写真の紙コップじゃないですが、なんせ匿名配送なもんで、何か載せたらバレちゃうでしょ。ま、昔好きで集めてたけど、今はもういいかなってモノだったんですが、ボクはもういいかなと思ってても世間的にはリバイバルというか、再ブームの兆しがあって、メルカリ上でも色々見かけてたので、出してみたら、ホントにスグに売れました。そんな顛末を書いてみたいと思います。ボクみたいにメルカリ世代じゃない大人というか、オジサン世代や、メルカリ未体験の方にぜひ読んでいただければと。

 

色々リサーチしたところ、評価の無い人、つまり初めて出品する人の商品は買い手がつきにくいという話を聞きました。そこで、まずは自分で買ってみるというのがいいということも聞いていましたが、それをする前に一つ売れてしまったので、これから始める方、もしくは2つ目が売れない方はぜひ、メルカリで欲しい商品を買って、評価して、評価されるのが早いかと思います。相手の見えない取引なので、評価の数がそのまま信用になるってことですね。今、キングコング西野くんの「魔法のコンパス 〜道なき道の歩き方〜」を読んでいるんですが、信用がお金になるというか、信用が売れる時代だと、すごくざっくり言うとそういう事が書かれております。これも読み終わったらメルカリに出そうかね、色々為になるなと思った箇所に付箋貼ったヤツだけど。あ、それ「しるし書店」つって今まさに西野くんがやろうとしてるヤツか。ってかそれしたら匿名配送じゃなくなるな。ボクの他の出品がバレるやないかい!

 

と話が逸れましたが、まずはどういう仕組みで出品するのか、それをどう発送するのかを説明しますね。

 

まずはメルカリのアプリをダウンロード、もしくはPCの場合メルカリのはwebサイトでアカウントを作ってログイン。アカウントはメールアドレスでも、facebookのアカウントでもgoogleでもログインできますので、お好きなので大丈夫です。

 

アカウントを作ったら右下にカメラのアイコンがあるんですが、これでスグに出品準備ができます。何か売りたいモノがあればスグに出せるというわけですが、ここはひとまず、どんなものが出品されているのか、自分が出品しようと思っているモノの相場を知る意味でも検索して色々みて回るのがいいかもしれません。思わず欲しくなってしまうほど値打ちなのを見つけたらスグにポチってもいいんですが、やはりそこはちょっと慎重に、その人の評価をみてみましょう。

 

ホラね、ここでやっぱり評価が大事になってくるんです。とはいえみんながみんなん最初から評価があるわけではないので、どうしても欲しいと思ったら、買うしか無いんですけど、トラブルが全く無いわけじゃ無い事だけは注意して、他のオークションサイトなどと同様に、書かれている事をちゃんと読んでトラブルの無いようっていうか勘違いで買わ無いように注意が必要です。

 

みて回れば、なんとなくどういう商品説明がいいのか、自分が欲しいと思うモノはどういう説明がされているかを見て、同じように出品したら説明を書く事をオススメします。

 

さて、ここまできたら今度はいよいよ出品です。なんでもいいとなると、何を売ればとなっちゃいますので、まずは昔集めてたけど、もう置き場所が無いコレクション商品や、買ったけどサイズが合わなかった服なんかが出品しやすいかもしれません。特にコレクションしてたモノだったら、おおよその相場、価値もわかってるハズなので、出品しやすいんじゃないでしょうか。同じような品物がどれくらいで出されてて、どれくらいの値段なら買い手がついているのかを見て、出品するわけですが、値段や、商品説明などは後からでも変えられるので、ひとまず出してみましょう。

 

出品する時には、まず、写真は絶対なので、スマホからだったらスマホで撮影して、4点まで画像を添付します。そして、商品名と説明を書くんですが、ここは後からでも書き足したりできますが、最初にちゃんと書いておく事をオススメします。サイズや、色、新品なのか、どれくらい使っていたものなのか、ダメージがあればダメージの箇所なども細かく書いておくと後々のトラブルが防げます。ある程度商品説明を書いたら、カテゴリーを選ぶんですが、商品説明からふさわしいカテゴリーがリストアップされるので、ふさわしいと思うカテゴリーを選んで、商品の状態を選ひます。

そして、発送についての欄では、送料の負担をどうするのか、ここは基本出品者負担が多いようなので、そうしておくといいかも。そして発送方法なんですが、「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」が圧倒的に多いとは思いますが、これがスコブル便利なんです。当然匿名配送、もちろん落札者の住所もわからずに取引できる!これがスゴイ。発送するまでどういう仕組みなんだろうと思っていた一番きになるところだと思います。

 

今回ボクは「らくらくメルカリ便」にて発送しました。A4厚さ2.5cmまでならネコポスが195円で全国一律。宅急便コンパクトが380円、宅急便が600円〜とサイズと送料を加味して、出品した商品の値段をつけます。そしていよいよ「出品する」を押せば晴れてメルカリデビューです。

 

出品されたら後は買い手が現れるまで待つしかありません。匿名配送の商品なのでSNSで宣伝でき無いってかしたらバレるのででき無いんですが、そうじゃなけれガンガンSNSで宣伝しまくって見つけてもらうか、関連商品にひっかかかるように商品説明に工夫をするかで、ホント待つしか無いんですが、最初に売れて商品は「24時間以内に売れる」とCMでもやってるように ホントにスグ売れました。スグってどれくらいスグかっていうと、小一時間でしたね。出品してホントにスグ。他にも出品してても売れて無いモノはたくさんあるんですが、これはホントにスグ売れた。

 

さて、売れたらスグに通知が届くので(メールも届きます)スグに発送の準備に取り掛かります。購入者とのやりとりもメルカリ内で行えるので、まずは挨拶などを。

 

発送は「らくらくメルカリ便」だったので、商品を梱包して、クロネコヤマトに持ち込みました。本当はファミリーマートに行ったんですが、取り扱いの無いサイズですとファミポートに言われたので、クロネコヤマトに持ち込みました。アプリの画面で、発送サイズを選んで、QRコードを表示して、クロネコヤマトの端末で読み込めば、スグに伝票が出てそれでおしまいです。印刷された伝票と、商品をクロネコヤマトに渡せば後は届けてくれるという。送料は商品代金に含まれているので、梱包した商品と、スマホさえ持っていけば他に何もいりません!なんて便利なの!そして、発送したら発送しましたよと通知を送るので、本当にらくらくです。これで相手に無事商品が届けばおしまいという、なんとも便利な世の中!

 

これ面白くなちゃってなんでもかんでもメルカリに出したくなる気持ちわかるわぁ。ちょっと前までボケでメルカリに出しとくわって言ってたけど、もうボケじゃなくなっちゃうよな。

 

魔法のコンパス 道なき道の歩き方

魔法のコンパス 道なき道の歩き方