ハラセンブログはてな

日々はてなと思ったことを綴りたいと思います。

最後のジェダイ

f:id:hara1000:20171222202145j:plain

スターウォーズを見てきました。最後のジェダイ。ネタバレありますので、注意です。ちなみにボクはネタバレしてても気にしない派ですが、極力情報を入れずに観に行きました。もひとつちなむとせめてエピソード7くらいは観てからの方がいいかもです。

 

さて、エピソード8最後のジェダイ、見る前から賛否両論だと言うことは耳に入って来てました。前作エピソード7フォースの覚醒はまぁこれまでのおさらい半分、いいとこ取りのまぁそうなるかという、冒険味の少ない感じで。その後のスターウォーズストリーののっけから、おいおい大丈夫か?大丈夫か?だったのが、ストーリーが進むにつれスターウォーズになっていく様がたまらなく、結果良かった。ま、スターウォーズで何をされてもボクはそれがスターウォーズだと鵜呑みに喜ぶ派なので、どう転んでもスターウォーズなんだが。

で、最後のジェダイ。これがねぇ1度観ただけでは解らないってのが率直な感想で、それが全てな気がしている。これまでのスターウォーズはどれも1度観ればストーリーも印象的なシーンも残るんだけど、それが少なかったと思った。無いわけじゃない、少ないの。で、観終わって宇多丸さんの評や、YouTubeに上がってたマニアのおしゃべりなんかを見てたら、いろいろ思い出した。宇多丸さんはこれほどまでに反乱群が無能なのかよ!と怒ってましたが、確かに。あと無駄な無意味なシーンというかストーリーにも怒り心頭で。ボクはあの船を捨てて逃げるシーンは反乱軍の無能ぶり以上に、なんでほぼ無抵抗なのに全滅できないの?と帝国群の輪をかけた無能っぷりにハテナが絶えなかった。あと、一人突っ込んでって大爆発を起こすんだけど、宇宙空間に投げ出された感じになってんのによく息できてんなとか、引っかかる箇所が多々あったことも、1度見ただけでは理解しがたいよなぁと。

よくフォースってそんな使い方できるんだみたいに言われてるそうだけど、ボクはそこまでなんでも有りかよ!とは思わなかったんだけど、言われればそうかなぁ。あの集中放火されたルーク、ま生きてるだろうとは思って見てたらやっぱりで、さらにその上を行ってたからよしとしてます。

ディズニーになったからか、ペンギンみたいなヤツとかキツネみたいなヤツ、ルークが乳絞って飲んでたヤツとか何だろうなと思って観てました。完全に動物だからこれまででいうと帝国の逆襲でルークが寒さしのぐのに内蔵に入ってたヤツとかいたけど、あぁなんかぬいぐるみ見たいなグッズにしやすそうなのでてきたなぁと思ったり。

あとアジア系のブス、ローズっていうのか。ブスだなぁ。オカリナのブスのほうじゃん!って思いながら見てた。それがだよ、愛着ってこんな短い時間、と言ってもスターウォーズ史上最長の長さ152分でも湧くんだね。最後のほうはブスが入ってこなかったもん。これがべっぴんさんだったらその美貌に目を奪われてフィンはそら迷うよって思っちゃうけど、あのブスさ加減がまた良かったね。グッとしちゃうもん。

まだまだ細かく言いたいことも思うこともあるハズなんだけど、やっぱり1度じゃ解らないんだよ今作は。手放しで喜べていないから、賛否で言ったら否定派よりなのかもしれないけど、それでもこれがスターウォーズだと言って観せられたモノはスターウォーズとして受け取るよボクは。ってこの時点でそうせざるを得ないと思ってんじゃん!

 

写真はスターウォーズを観たあとに行った男の墓場プロダクションの忘年会に今年も来てた、めろん畑a gogoだよ。

この日はチーム陣内の忘年会

スターウォーズ エピソード8/最後のジェダイ

男の墓場プロダクションの忘年会

という流れでした。